読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これが「賢い」お買い物!?ガソリンの最新レビューならココッ 2017年度 ハスクバーナ

これは買いです!今迄は他人のを使わせてもらっていましたが!非常に実用的で効率が良いので!自分専用に購入致しました。使いやすくて便利です。安全に燃料とチェーンオイルを携行できるので!ありがたいです。

コスパ最強と噂の♪

2017年04月19日 ランキング上位商品↑

ハスクバーナ ガソリンコンビ缶 UN規格適合 [ ハスクバーナ husqvarna | ハスクバーナ | ハスクバーナ オイル ガソリン 携行・混合缶 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ガソリンスタンドではこれに直接給油してもらえないので!注意してください。燃料が満タンになるとこぼれない仕組み!初めて使ったときは思わず おー! と声が出ました。二代目です。なかなか使い勝手が良いです。チェーンオイルの方は!空気抜きの穴がついた二重構造になっていてスムースに入れる事ができました。ハスクバーナのチェーンソーに燃料を入れるには絶品です!!ただ!他のメーカーのエンジンブローに燃料を入れようと思ったらかなり苦労しました(笑)あと混合とオイルはビス止めだったので!別々に使うには結構めんどうかも…チェンソー用に購入しました。ハスクバーナーのチェンソーに使用してますが!他のメーカーにも応用出来てますね。あと!これはポリ缶ですがUN(国連)適合のベンゼン(ガソリン)用なので!給油所のスタッフに入れてもらえば適法です。デザインも良いし!ガソリンが悪くならないと言うのも良いと思います。普通のポリタンクでも水用!灯油用!ガソリン用と分かれていて!ガソリン用なら問題なく給油できるとか。しばらくチェンソー談議に花が咲き!「まーでもこういう缶に給油すんのってホントはだめなんでしょ?」と聞いてみたところ!「いーえ!これは大丈夫なんですよ。燃料タンクの方は!気温や保管場所の環境にもよると思いますが!時間をおくと!凹みます。私は赤い携行缶(3L缶)に入れてもらっています。うち田舎なんでナアナアで給油してくれてるのかと思ったらそうじゃなかったんですねえ。ただしキャップをはずすときにキャップからたれるので注意が必要です。チェーンソー作業に大変重宝しています。この「こぼれなさ感」は最高ですね。当たり前かもしれませんが、ふたがきちんと閉まること、給油後の吹きこぼれがないところが気に入っています。刈払機!チェンソーなど十数台保有しており!機械によっては!給油が面倒!油断するとすぐにこぼれてしまうものもあり!この商品を購入しました。また燃料は6リットル以上入るので!安心して1日の作業ができます。給油ノズル等の単品の単価が高いのが難点ですが、商品としては大変満足しています。ただ!思っていたよりサイズが大きかったです。こぼれにくく!汚れにくいので大変満足です。同じものを使っていましたが、譲ってしまったために再度購入です。」との答え。そして、135eの混合油の比率が50:1なので、もう一つ携行缶が必要になるため、このハスクの携行缶は安と思えなかったので、また、安い金属製のものを買おうか、しばらく迷いましたが、満タンになると自動で止まるということが決め手になって今回の購入に至りました。燃料を注入する際にまったくもれず感動です。兎に角!現場実用品です。それに!チェーンオイル入れも付いているので運搬が楽です。まだ、2回しかチェーンソーに給油していませんが、本当に満タンでピタッと止まります。なんといっても、燃料6リットルとチェンオイル2.5リットルがコンビになっており、しかも容器と容器の間にヤスリ等の工具を納められるので、一石三鳥な所も非常に良いです。評判通り、燃料タンクが一杯になると給油が止まり、溢れることはありません。給油の際に、ガソリンが タンクいっぱいになると自動で止まる構造になっている為こぼれません。ただ!消防法の関係で!ガソリンをスタンドで直接買えないのが不満です。客自身が携行缶に給油することは、ポリだろうが金属だろうが違法ですが、、、このハスクの携行缶に給油しないスタンドは、知識がないか、法以上のポリシーを持っているのでしょうね?耐久性は、使用して一週間なのでまだまだわかりませんが、給油の際にこぼれるのが嫌な方にはオススメですね。中でも燃料側のノズルは満杯になると自動的に給油が停止され、缶を持ち上げた時に、燃料が零れません。違ってたら誰か訂正してください(笑)ハスクバーナのチェーンソー「135e」を購入したので!せっかくならということで携行缶もハスクで揃えました。三年ほど前に購入して、大変重宝してます。ただしチェーンオイルはいっぱいになっても自動で止まりませんので少し注意して入れないといけません。これまで!刈り払い機用の25:1の混合油を作るために!2000円ほどの金属製の携行缶を使用していて!めいいっぱい入れようとしてガソリンをこぼすことがしょっちゅうでした。本体自体も軽くて紫外線を通さず、丈夫です。」と店員に声をかけられました。また、コンビ缶なので、チェンソーを使うときには、チェンオイルも一緒に持って行けるので便利です。燃料については!満タンで自動的に給油が止まるので便利ですが!チェーンオイルの方は!自分で見ながらの給油となります。後は商品説明をよく読んで下さい。(2010.11.16追記)先日近所のガソリンスタンドでこの携行缶を出したところ、「おっ、ハスクじゃないすか。しかも容器は現場に持って行っても、紫外線を通さないので、燃料の腐敗を防ぐのが嬉しいです。一目でハスクとわかるボディカラーもお気に入りです。で!ハスクのこいつはそのガソリン用!給油してもオッケーとのこと。それでも!ワレや不都合は生じませんでした。使い勝手はとても良いです。肉厚の樹脂(?)でできていて!多少ぶつけても!ビクともしません。プロの言うことなんで信じようと思います。